講座「『法華経』『法華文句』講義」第36回講座報告

講座「『法華経』『法華文句』講義」第36回講座報告
2021年5月31日 commons

2021年5月31日(月)、第36回となる「『法華経』『法華文句』講義」がオンライン実況講義で開催されました。前回より方便品に入っての講義ですが、今回はテキストの384頁4行目、四種類の二慧を説明する「初めの二慧は信を生ぜしめ~」からです。この広釈に入ってからは、旧解の説として法雲の『法華義記』や吉蔵の『法華玄論』を引用して、検討をしています。

湛然の「四種の二慧」についての考察について、吉蔵の『法華玄論』を参照していますが、実は湛然は『法華玄論』を読んでおらず、『法華義疏』のみを読んで論じたようで、後の日本の宝地房証真(生没不詳、鎌倉前期)はきちんと『法華玄論』を読んだうえで、湛然を批判している、との説明が先生からありました。

テキストに沿っての講義ですが、四種類の二慧について、①権・実の二慧は「信」を生じ、⓶空・有の二慧は「解」を生じ、③空有の内靜を実とし、外用を権とした二慧は「教化」せしめ、④常・無常を権実とする二慧は「果」となる、とあります。また、それぞれの二慧は「三転」もあって、①有を俗、空を真として、⓶空有を俗、非空非有を真に転じ、③空有を転じた不二を俗、非空非有の不二を転じた非二非不二を真とする段階をつくります。

また『中論』より引いて、「世俗諦」と「第一義諦」の二諦に「三門」ありとして、三転と同じ展開をたどって、空有の二不二を俗となし、非二非不二を真となして、二辺を遠離しながらも中道に執着しない境地を説きます。また『成実論』仮名相品にある「因成仮・相続仮・相待仮」の「三仮」を引いて、三仮の「空」から始めて、非空非有をへての段階を示しています。

そして、法華経の「正直に方便を捨つ」の文を出し、このようにして、始めに二慧による「生信・解・化・果」を述べたのも、法華経の悟入の心に関わってのことであり、「まさに知るべし、今の品は乃ち是れ如来の方便なれば一切の法を摂すること空の色を包むが如く、海の流れを納むるが若し」と述べて、諸師の一派をもって法華経の「大都」を解釈することを諫めています。

 

次に、一切法を権実でみた「一切法皆権、一切法皆実、一切法亦権亦実、一切法非権非実」の四句を挙げて、それぞれを吟味します。そして、有権有実の句についての「十法」を挙げて、そのうちの八つ、①列名、⓶生起、③解釈、④引証、⑤十に結んだ三種の権実、⑥三種の権実は、三種の二諦を照らす、⑦権実を諸経に約して論ず、⑧本迹に約して権実を判ず、を論じていきます。

  • 列名とは、事理・理教・教行・縛脱・因果・体用・漸頓・開合・通別・悉檀の十種です。
  • 生起とは、『維摩経』からの引用で、無住という理から一切の法が立つことからはじまり、事である一切法と共に「理事」なり、理事ゆえに数あり、数ゆえに行あり、行ゆえに縛脱あり、脱ゆえに因果を生じ、果により体あり用あり、漸頓の化あり、開合あり、通別の益あり、両益を分別するゆえに四悉檀あり、として列名の十種が次第します。
  • 解釈とは、この十種の生起次第をひとつひとつ説明していく段ですが、はじめに「理事」のうちの理を真如として「実」、事を動いてやまぬ心意識とみて「権」として、理事の連動による方便の力を称賛してから説明していきます。

今回はこの十種の生起次第を述べたところまで(395頁3行目)で、講義を終えられました。次回の6月28日(月)の第37回目は、テキスト396頁から始まります。

次回も感染拡大状況を鑑み、オンライン実況で開催いたします。
受講の皆さまは、事前に送付するメールのURLをクリックしてご入室ください。
以上、よろしくお願いいたします。 (担当スタッフ)