沿革

年表(スマートフォンでは画面を横向きでご覧ください)

    法華コモンズ仏教学林の沿革 

当学林は、「本化ネットワーク研究会」を前身として、「シリーズ日蓮」の刊行活動を共に担った法華仏教研究会と福神研究所のメンバーが全面協力して発足して活動が始まりました。そのため、当学林の沿革を記するにあたり、本化ネットワーク研の記事を、「シリーズ日蓮」の記事を、当学林の記事をで示し、記載しています。

西暦

 

月日

出来事 

2002

平成14

9

雑誌『福神』の取材面談で、西山茂が「仏国土成就のグループを作りたい」と構想を語る。

2004

平成16

2

『福神』9号に《日蓮再読》「再歴史化する日蓮仏教」の取材記事が掲載される。

 

 

10

西山茂の声掛けで構想を実現するための準備会(56名)が開かれ、本学林の前身となる「本化ネットワーク研究会」発足。

2005

平成17

1

本化ネットワーク研究会(本ネ研)の第1回月例勉強会「日蓮聖人の折伏観について」(講師・山上弘道)が東洋大学甫水会館にて開催される。以後、毎月の勉強会と年一回の夏期セミナーを開催。

 

 

 

※月例勉強会と夏季セミナーの詳細は、資料「本ネ研活動記録 平成17年~27年」を参照。

 

 

8

本ネ研 第1回夏季セミナー開催 8月29日~30日、会場:富士市本國寺。

 

 

 

総合テーマ「近現代における本門戒壇思想の展開」、研修「熱原法難」史跡巡り。

2006

平成18

9

本ネ研 第2回夏季セミナー開催 95日~6日、会場:伊東市「仏現寺」。

 

 

 

総合テーマ「常不軽国家日本の建設」。

2007

平成19

8

本ネ研 第3回夏季セミナー開催 827日~28日、会場:鎌倉市「妙本寺」。

 

 

 

総合テーマ「不軽菩薩と憲法9条」。

2008

平成20

9

本ネ研 第4回夏季セミナー開催 92日~3日、会場:富士市「本國寺」。