法華コモンズ

お知らせ

 

      《平成29年4月より「新講座」開講 申込受付中です!》

 

1日集中講義    講座「日蓮聖人とその時代」     講師:佐藤 弘夫 先生   

日 時:平成29年6月24日(土) 午前10時30分開始~午後5時15分終了

講座「インドの『法華経』(ホントの『法華経』)を求めて」講師:苅谷 定彦 先生  平成29年度・前期6回

※毎月第1土曜日 午後5時~、講座日4月1日、5月6日、6月3日、7月1日、8月5日、9月2日

講座「日蓮聖人のご真蹟を拝す」             講師:山上 弘道 先生            平成29年度・前期6回

※原則第3土曜日 午後6時~、講座日4月15日、5月20日、6月17日、7月22日、8月19日、9月16日

講座「『法華玄義』講義」                          講師:菅野博史 先生     平成28~29年度・4期24回 

※主に第4月曜日 午後6時30分~8時30分、今後の講座日:平成29年3月27日、4月24日、~継続~

 

合掌   法華コモンズ仏教学林事務局

法華コモンズの講座一覧

各講座とも当日受講(途中受講)が可能です。

平成29年度(前期)講座一覧

開講予定の講座 受講受付中です。

講座「日蓮聖人とその時代」 佐藤弘夫

講座⑥ 詳細

「日蓮聖人遺文研究」

講 師: 佐藤 弘夫 先生

会 場: 新宿 常円寺 祖師堂3階「会議室」

開催日: 平成29年6月24日(土)  午前10時30分~午後5時15分

受講料: 5,000円

《講師よりのコメント》

日蓮はその教えを奉じる信徒にとっては聖なる祖師であるが、信仰と無関係に生きる圧倒的多数の現代人にとって、どのような意味を持ちうる存在なのであろうか。日蓮の宗教が誕生する歴史的なプロセスを視野に収めながら、「世界遺産」としての日蓮思想の意義と可能性を探る。

 

【講義内容】

第1時限  なぜ鎌倉時代に卓越した宗教者が叢生したのか

第2時限  鎌倉仏教の救済構造

第3時限  親鸞と日蓮—伝統に反逆する信仰者たち

《講師略歴》

1953年宮城県生まれ。東北大学大学院修了。現在、東北大学大学院文学研究科教授。専門分野は日本思想史。主な著書に、『ヒトガミ信仰の系譜』岩田書院(英語版・韓国語版)、『死者のゆくえ』岩田書院(韓国語版・中国語版)、『死者の花嫁』幻戯書房、『鎌倉仏教』ちくま学芸文庫、『日蓮』ミネルヴァ書房、などがある。

講座「インドの『法華経』(ホントの『法華経』)を求めて」 苅谷定彦

講座⑦ 詳細

「初期仏教研究―仏滅年代論・経典の成立―」

講 師: 苅谷 定彦 先生

会 場: 新宿 常円寺 「祖師堂3階会議室」

開催日: 平成29年度 前期6回 ※毎月第1土曜日(原則) 午後5時~7時

受講料: 1期分12,000円(半年間6回)※1回のみ聴講:3,000円

《講師よりのコメント》

日本で『法華経』と言えば羅什訳『妙法蓮華経』を指しますが、それは羅什によって潤色されたもので、インドで産まれた『法華経』そのものではありません。しかも、現存の「梵文法華経」もインドですでに様々な異質の思想によって汚染されています。それ故、今日の『法華経』研究は、単に「梵文法華経」の読解や「梵漢対照」だけでは済まず、その中から無垢のオリジナルの『法華経』を発掘することこそ急務なのです。

こうして取り出された『法華経』こそが、宗祖日蓮聖人の仰せになる『妙法蓮華経』に他なりません。これが本講義の究極目的です。

《講師略歴》

1937年大阪府生まれ。大阪大学大学院博士課程単位取得退学。文学博士(大阪大学)、種智院大学名誉教授、法華学園興隆学林専門学校名誉教授。著書に『法華経一仏乗の思想』(東方出版)、『法華経〈仏滅後〉の思想―法華経の解明2』(東方出版)、他に論文多数。

「初期仏教研究―仏滅年代論・経典の成立―」予定表

(平成29年度 前期6回)
第1回 『法華経』前半部」(1)序品の精読―法華経作者の創作意図は何か 4月1日
第2回 2)方便品、譬喩品、信解品の精読―〈仏乗〉とは何か“一切衆生本来からぼさつ” 5月6日
第3回 『法華経』後半部〈仏滅後〉の解明―(1)法師品、見宝塔品の精読 6月3日
第4回 2)従地涌出品、如来寿量品の精読―釈尊入滅の真相解明 7月1日
第5回 3)常不軽菩薩品の精読―仏滅後の衆生のぼさつ行の提示 8月5日
第6回 4)如来神力品の精読―ぼさつ行の実践「正法の蓮華化」 9月2日

講座「日蓮聖人のご真蹟を拝す」 山上弘道

講 師: 山上 弘道 先生

会 場: 新宿 常円寺 「祖師堂3階会議室」

開催日: 平成29年度 前期6回 ※毎月第3土曜日(原則) 午後6時~8時

受講料: 1期分12,000円(半年間6回)※1回のみ聴講:3,000円

《講師よりのコメント》

本講では全国各地に格護される膨大な日蓮聖人のご真蹟について学んで参ります。第一講では、雄渾で独特な日蓮聖人の書風を、十七歳で筆写した『授決円多羅義集唐決 上』から晩年の『法華証明抄』に至るまで、じっくりと親しんで参ります。第二講では、花押・署名の変遷やくせ字など、系年特定の根拠となることがらを学んでいきます。第三講では、分断し分蔵され、今日まで別文書とされてきた遺文が、合体復元されていくいくつかの例を紹介します。第四講では、ご真蹟に示された書き直し、ミセケチ、書き込み、また『延山録外』に見られる草案等を拝しながら、宗祖の推敲の跡を拝します。第五講では、宗祖に仮託して作られた偽筆に焦点を当て、そのいくつかを紹介します。第六講では、『昭和定本日蓮聖人遺文』や、ご真蹟解読の権威たる『対照録』の誤読箇所を拾い、そのいくつかを糾して参ります。なお講義の進捗状況などにより、一部変更する部分が生じる場合があるかと思いますが、ご了承下さい。

《講師略歴》

昭和27年(1952)東京都生れ。現在、岡山県興風談所所員。著書に『日蓮の諸宗批判(本化ネットワーク叢書)』

(平成29年度 前期6回)
第1回 「日蓮聖人の書風に親しむ」 4月15日
第2回 (「系年特定の根拠――花押の変遷を中心に」 5月20日
第3回 「切断分蔵されるご真蹟」 6月17日
第4回 「ご真蹟の推敲の跡を拝す」 7月22日
第5回 「偽作・模写を見抜く」 8月19日
第6回 「各遺文集の誤読を糺す」 9月16日

講座「『法華玄義』講義」 菅野博史

平成28年4月より開講しております「講座④『法華玄義』講義」です。詳しくは下記の平成28年度(後期)講座一覧にてご確認くださいませ。

平成28年度(後期)講座一覧

開講中の講座 受講受付中です。

講座⑥ 「日蓮聖人遺文研究」 都守基一

講座⑥ 詳細

「日蓮聖人遺文研究」

講 師: 都守 基一 先生

会 場: 新宿 常円寺 祖師堂3階「会議室」

開催日: 平成28年度 後期6回 ※毎月第4土曜日(原則) 午後6時30分~8時30分

受講料: 1期分12,000円(半年間6回)※1回のみ聴講:3,000円

《講師よりのコメント》

日蓮聖人の著述として有名な『立正安国論』や『法華取要抄』は、内容の異なる諸本が真蹟や写本で伝わっており、近年この方面の研究が進んでいる。また消息・要文断片・書入本など、新たな真蹟遺文の発見も相継いでおり、これらの分析から、『善無畏三蔵鈔』など文献的価値が見直されている遺文もある。講義では、これら「資料としての日蓮遺文」に関する最新の研究成果を紹介、日蓮教学の理解を深めていく。

《講師略歴》

1961年、愛知県生まれ。立正大学大学院文学研究科仏教学専攻博士過程修了。現在、常円寺日蓮仏教研究所主任、立正大学仏教学部非常勤講師、身延山大学仏教学部非常勤講師。編著に『日蓮仏教研究』1~ 7、『中村檀林資料』1~3、『京都本法寺宝物虫払い出展目録』10冊、『京都本山妙覚寺歴代先師会の栞』4冊など。論文に「『法華取要抄』の草案について」(『大崎学報』154号)、「日蓮聖人遺文『善無畏三蔵鈔』再考」(『日蓮仏教研究』1号)、「『立正安国論』の再確認」(『身延山大学東洋文化研究所所報』16号)など。

「日蓮聖人遺文研究」予定表

(平成28年度 後期6回)
第1回 「日蓮聖人遺文の概要」 10月29日
第2回 「主要遺文と相互関係」 11月24日
第3回 「『立正安国論』の書誌と内容」 12月24日
第4回 「『法華取要抄』の書誌と内容」 平成29年1月28日
第5回 「『善無畏三蔵鈔』の書誌と内容」 2月25日
第6回 「新出の真蹟断簡をめぐる問題」 3月25日

講座⑦ 「初期仏教研究―仏滅年代論・経典の成立―」 池上要靖

講座⑦ 詳細

「初期仏教研究―仏滅年代論・経典の成立―」

講 師: 池上 要靖 先生

会 場: 新宿 常円寺 祖師堂3階「会議室」

開催日: 平成28年度 後期6回 ※毎月第4木曜日(原則) 午後6時30分~8時30分

受講料: 1期分12,000円(半年間6回)※1回のみ聴講:3,000円

《講師よりのコメント》

南方上座部仏教が伝えるパーリ語経典に対する理解を通して、 釈尊時代の仏教(初期) 理解を深めること目的します。
第1回「初期仏教経典の理解」 パーリ語経典の種類と、それぞれの特徴について概観する 。
第2回「史料価値としての初期経典」パーリ語経典の歴史的価値について論じる。
第3回「経典成立の過程-記憶から記録へ-」パーリ語経典が伝える経典成立の過程を、経典の記述から理解していく。
第4回「仏滅年代の記述」パーリ語経典が伝える仏滅年代について最新の論を紹介し論じる。
第5回「もう一つの仏像建立史」日本の仏教美術史からは見えてこない造像年代論を紹介する。
第6回「初期経典は仏説か?」仏説とは何を意味するだろうか?この点を掘り下げる。

《講師略歴》

1958年山梨県生まれ。1987年立正大学文学研究科博士後期課程修了(文修)。現在、身延山大学仏教学部教授・学部長。日本仏教社会福祉学会理事、パーリ学仏教文化学会理事。山梨県身延山久遠寺支院智寂坊住職。専攻は初期仏教学、仏教福祉学、仏教文化学(特に東南アジア仏教)

「初期仏教研究―仏滅年代論・経典の成立―」予定表

(平成28年度 後期6回)
第1回 初期仏教経典の理解 10月27日
第2回 史料価値としての初期経典 11月17日
第3回 経典成立の過程―記憶から記録へ― 12月22日
第4回 仏滅年代の記述 平成29年1月26日
第5回 もう一つの仏像建立史 2月23日
第6回 初期仏教経典は仏説か? 3月23日

講座② 「日蓮教学史と諸問題」 布施義高

講座② 詳細

「日蓮教学史と諸問題」

講 師: 布施 義高 先生

会 場: 新宿 常円寺 祖師堂3階「会議室」

開催日: 平成28年度 前期・後期12回 ※主に第3土曜日 午後3時~午後5時

受講料: 1期分12,000円(半年間6回)※1回のみ聴講:3,000円

《講師よりのコメント》

本講座では、日蓮聖人の教学とその歴史について、「本迹論」を中心として、基礎から概説し、細かな問題についても、最新の学説を踏まえながら一つひとつ検証していきたい。

日蓮聖人の宗教の核となった本門思想は、日蓮聖人滅後、「本迹論」の中で様々に論じられてきたのであり、「今」に連なるその流れを把握する意義は大きいであろう。

講義スタイルは、毎回、前半を基礎事項(通説)の確認、後半を諸問題の検討という形式にし、初めて学ぶ方にも、また、掘り下げて研究を進めたい方にも、両様のニーズに応え得る講座を目指したい。もちろん、テーマの重大性に鑑みて、各回、講師からの情報の一方通行ではなく、聴講者と意見を交換する中で、相互に知見を深め合える形を取れれば幸いと考えている。

《講師略歴》

1968年生まれ、新潟県出身。立正大学大学院文学研究科修士課程修了。法華宗(陣門流)学林研究科修了。法華宗(陣門流)学林教授を経て、現在、法華宗(陣門流)教学部長、立正大学日蓮教学研究所研究員、法華仏教研究会編集委員、2013年度・2015年度立正大学仏教学部非常勤講師。論文として、「日蓮と天台本覚思想」(シリーズ日蓮第2巻『日蓮の思想とその展開 』)、「日蓮の一念三千論と天台法華教学」(『東アジア仏教研究』第11号)、「日蓮聖人教学における「本門の極理」」(『大崎学報』第171号)、「『注法華経』「迹本理勝劣事」をめぐって」(『法華宗宗学研究所所報』第24輯)、「初期日蓮教学史と本迹論」(『法華仏教研究』第16号)、「本迹論の諸相」(『印度学仏教学研究』第59巻第1号)、「「一念三千殆隔竹膜」考」(『法華宗宗学研究所所報』第22輯)、「円光日陣と中古天台本覚思想」(『印度学仏教学研究』第48巻第1号)等。

「日蓮教学史と諸問題」 予定表

(平成28年度 前期・後期12回)
第1回 日蓮聖人の本門思想 平成28年4月16日
第2回 日蓮教団の思想史的展開 5月21日
第3回 初期日蓮教学史と本迹論 6月18日
第4回 本迹勝劣論の概観(1)玄妙阿闍梨日什師と日什門流の教学 7月30日
第5回 本迹勝劣論の概観(2)円光坊日陣師と日陣門流の教学 8月20日
第6回 本迹勝劣論の概観(3)慶林坊日隆師と日隆門流の教学 9月17日
第7回 本迹勝劣論の概観(4)常不軽院日真師と日真門流の教学 10月22日
第8回 本迹勝劣論の概観(5)日興門流系教学の概観 ※特別講師・菅原関道先生 11月12日
第9回 本迹一致論の概観(1) 12月17日
第10回 本迹一致論の概観(2) 平成29年1月21日
第11回 日蓮遺文解釈と日蓮教学史 2月18日
第12回 日蓮教学史と天台教学―中国天台教学と日本天台教学― 3月18日

講座③ 「日蓮教学と中古天台教学の検討」 花野充道

講座③ 詳細

「日蓮教学と中古天台教学の検討」

講 師: 花野 充道 先生

会 場: 新宿 常円寺 祖師堂3階「会議室」

開催日: 平成28年度 前期・後期12回 ※主に第3土曜日 午後6時~午後8時

受講料: 1期分12,000円(半年間6回)※1回のみ聴講:3,000円

《講師よりのコメント》

近年、浅井要麟氏によって、日蓮聖人の遺文(御書)の真偽論とともに、日蓮聖人教学と中古天台教学との異質性が強く主張されるに至った。確かに両者の異質性は明白であるが、日蓮聖人教学を思想史的に考察する時、日蓮聖人が当時の思想的環境であった中古天台教学と全く無関係であったとは考えられない。少なくとも日蓮聖人の、(一)唱題思想、(二)本迹勝劣思想、(三)名字即成仏思想、(四)曼荼羅本尊思想は、天台大師の原始天台教学より、台密教学や中古天台教学と親しい関係にある。講義では、両者の歴史的な連続面(同質性)と非連続面(異質性)について検討していきたい。

中古天台教学は難解であるので、なじみの深い日蓮聖人の遺文を中心に読み解きながら、多くの人に理解してもらえるように、できるだけ平易に説明することを心がける。質疑応答の時間を多くもって、聴講者とのディスカッションを尊重し、一緒に考えていくスタイルで講義を進めていくつもりである。

《講師略歴》

1950年、京都府生まれ。早稲田大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。文学博士(早稲田大学)。現在、法華仏教研究会主宰、『法華仏教研究』編集長。専門は日蓮教学、天台教学、日本仏教思想史。著書に『天台本覚思想と日蓮教学』(山喜房仏書林)。編著書に『法華経と日蓮』(春秋社)、『日蓮の思想とその展開』(春秋社)、『日蓮教団の成立と展開』(春秋社)。論文に「立正安国の理念と実践」(『身延山大学東洋文化研究所所報』16号)、「智顗の地論師・摂論師批判について」(『天台学報』56号)、「日蓮の本尊論は大曼荼羅か一尊四士か」(『印度学仏教学研究』63巻1号)、ほか。

講座④ 「『法華玄義』講義」 菅野博史

講座④ 詳細

「『法華玄義』講義」

講 師: 菅野 博史 先生

会 場: 新宿 常円寺 祖師堂3階「会議室」

開催日: 平成28~29年度 4期24回 ※主に第4月曜日 午後6時30分~8時30分

受講料: 1期分12,000円(半年間6回)※1回のみ聴講:3,000円

《講師よりのコメント》

『法華玄義』は、『法華経』のタイトルの「妙法蓮華経」の意味は何か、『法華経』の体(教えの根拠としての真理)は何か、『法華経』の教主釈尊の修行の因と仏としての果とは何か、『法華経』の衆生を救済する断疑生信の力用とは何か、『法華経』は釈尊一代の説法教化のなかでどのような位置を占めるのかという五つの問題に取り組んでおり、天台大師智顗の総合的な仏教観を知るために最適な書物です。私は長年、『法華玄義』の訳注研究に取り組んできましたが、内容が難解であることは否定できません。このたび法華コモンズで、改めて受講生の皆様と『法華玄義』を学ぶ機会を与えられ、たいへん光栄に思っています。

 

教科書 『法華玄義』上・中・下(第三文明社、各冊1200円+税)

参考書 『法華玄義を読む―天台思想入門』(大蔵出版、5000円+税)

教科書は必須。参考書は、あれば便利ですが、高価なので必ずしも購入の必要はありません。毎回、簡単なレジュメを配布します。

《講師略歴》

1952年福島県生まれ。1976年東京大学文学部印度哲学印度文学科卒業。1984年東京大学大学院博士課程(印度哲学)単位取得退学。1994年文学博士(東京大学)。現在創価大学文学部教授。専門は、仏教学、中国仏教思想史。著書に『一念三千とは何か―』『摩訶止観』(正修止観章)現代語訳―』(第三文明社)、『法華経入門』(岩波書店)、『中国法華思想の研究』(春秋社)、『法華思想史から学ぶ仏教』『法華経―永遠の菩薩道―』(大蔵出版)、他。訳書に『法華文句・ⅠⅡⅢⅣ』『法華玄義・上中下』(第三文明社)ほか。

『法華玄義』予定表

(平成28~29年度 4期24回)
第1回 ガイダンス―『法華玄義』とは何か 平成28年4月25日
第2回 天台の十徳と智顗の生涯 5月30日
第3回 「妙法蓮華経」の略釈 6月20日
第4回 七番共解(1)―七番共解と五重各説 7月25日
第5回 七番共解(2)―標章~観心 8月29日
第6回 七番共解(3)―四悉檀A 9月26日
第7回 七番共解(4)―四悉檀B 10月24日
第8回 「妙法」解釈についての旧説(1) 11月28日
第9回 「妙法」解釈についての旧説(2) 12月19日
第10回 「法」の解釈 平成29年1月23日
第11回 相待妙・絶待妙 2月27日
第12回 迹門の十妙(1)― 境妙 3月27日
第13回 迹門の十妙(1)― 智妙・行妙 4月24日
第14回 迹門の十妙(1)― 位妙・三法妙 5月29日
第15回 迹門の十妙(1)― 感応妙 6月26日
第16回 迹門の十妙(1)― 神通妙~功徳利益妙 7月31日
第17回 本門の十妙(1) 8月28日
第18回 本門の十妙(2) 9月25日
第19回 「蓮華」「経」の解釈 10月23日
第20回 体玄義(1) 11月27日
第21回 体玄義(2) 12月18日
第22回 宗玄義・用玄義 平成30年1月22日
第23回 教相玄義(1) 2月26日
第24回 教相玄義(2) 3月26日